転勤族は貧乏ひまなし!引っ越し代にお金がかかる

転勤族の夫と結婚しました。実家は転勤のない職種で、私は生まれたときから結婚して家を出るまで

ずーっと同じ家に住んでいたので、引っ越しや転校を一度もしないまま結婚しました。

夫と結婚したときから転勤は覚悟していましたが、まさかこんなにお金がかかるとは…。

転勤の辞令がおり、まず引っ越し業者に連絡をします。その引っ越し業者に払うお金は会社から少し出るのですが全額ではなく、必ず自分の持ち出しがあります。

そこで数十万円。

そして引っ越しする数日前からごはんは作れないので、毎食外食。

もちろん引っ越しして落ち着くまでも外食ばかり。

私たちは次に住むところは会社が決めたところで、

自分たちで選べません。

そのためカーテンが足りないことがあったり、

手持ちのカーテンでは丈が足りなくて買い直すことも

しばしば。

あまり使わない部屋はつんつるてんのカーテンを仕方なく使って節約しています。

そして子供が幼稚園や学校に行っていれば、制服、カバン、持ち物、体操服すべて買い替えになります。

入園金も新たに払うことに…。

その額数万円。よほど困ったら銀行でお金を借りるしかないなと思っています。

暖かい地域から寒い地域に異動になれば、

ストーブを新たに購入したり、エアコンをもう一台

購入したりと、とにかくお金がかかる。

そして引っ越しするたびにエアコンを取り外したり、

冷蔵庫や洗濯機を移動させたり、家電家具は引っ越しするとその分痛みやすく、買い替える頻度が上がります。

あとこれは私だけかもしれませんが、引っ越しで

新しい環境になりストレス発散でついつい

お金を使ってしまいます。

今まで築いてきた人間関係もまたいちからやり直し、でとてもストレスがたまるのです。

それならばせっかく新しい土地に来たから楽しもう!と思ってレジャー費がとてもかさみます。

子供が小さいうちは帯同しようと夫婦で決めたものの、

引っ越しにお金はかかるし、単身赴任になったとしても別々に暮らすと2倍生活費がかかることに。

いつかはマイホームを持ちたいという夢はあるものの、いつになることやら…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です